ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


2013-02-10から1日間の記事一覧

雨の日には喉が渇くと 僕が嘯くその夜に 煙草の煙は雨に負けて 地を這い煉獄へ落ちていく 寒さが辛い二月には それに相応しい恋の灯が点る 僕の永遠を引き伸ばし それを吹き消す夢を見る 煙草は僕の愛だと言う しかしとっくの昔に燃え尽きて もう一本吸おう…