ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


2012-12-08から1日間の記事一覧

目が焼けるほどの 白い肌に 薄い粘膜纏いし少女 冷たい体に 皮膚が骨をなぞり しかし腹部だけは膨れている いつのどこぞの俗物か 何度の結果のその種か それは今ではどうでもいい 「処女の恐るべき好奇心が こんなに苦しくさせるとは!」 それは今ではどうで…

夢は死んだ 僕が殺した 現実の中で ダメだと呟き 愛は死んだ 僕が殺した 関係するのに 臆病耐えれず 神は死んだ 僕が殺した か弱き少女の 祈りを無視し 僕は死んだ 僕が殺した 何度もこの手で 刻んで捨てた 「君も死ぬのか」