ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


2008-12-08から1日間の記事一覧

詩集からはずした。

殺意未明 滞りなく愛 歓声の数数え 著しく妄想 殺意未明 きりがなく愛 命の差別化始め 何と無く妄想 殺害に於いてわたくしは 余り考え込みはしない ゼリーになった返り血を トースト乗せて召し上がる 殺害記述 惨めに憎い君 殺してやろうか 悪くもまた妄想 …

想いが炸裂した 一瞬の事だった 夜が更けて一人ぼっち あんまりにも寒い夜だったから 神様に文句の一つでも言おうと想って 車に跳ねられて死んでしまったばかりに 色々な人が僕の上でテレビジョンの話ばかりして だけどただ一人、僕に手向ける花を持つ少女は…