ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


2008-10-07から1日間の記事一覧

惨めな私は足が定まらずに 口を開きながら声上げる ああ、これほどまで事実が私を平らに引き伸ばすのならば いっそ死んだしまえばよかったと 舞台は急速に夜へと向かい 私の頬を赤く染めて想う お前の神経は確かにお前自身のものであり守るべきものだが お前…

お母様に謝まります 僕の不在を 其れに加担した 僕の不実を 愛情と名づけた 存在を存在たらしめる アスファルトに 水をまきすぎた僕を お母様、お母様 僕の身体は 今や心ですら 僕のものでは在りません 誰彼の思惑に気付けず 心を間違えた僕は お母様の些細…