ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


夜気の格で

高校を擁して

尊師で燃し

邁進を察した

 

虹の皮層で

返詞を佞して

提琴に列し

瘤起を朝した

 

花卉の厄で

洋紅を貢して

門歯で蘇し

砕心を抹した

 

肘の尼僧で

念紙を聘して

礼金に徹し

駐機を猟した

 

 

「スァール」

契る二見で

年期を衒って

霊操を聘し

斐紙を理した

 

役の錯視で

宋銭を擁して

後喜を目し

漫行を飼った

 

握る智剣で

転機を狙って

兵争を隷し

李詩を非した

 

策の扼死で

陽線を奏して

猛気を剋し

緘口を舞った

 

 

「コゥトゥ」

恥の愛校で

押下を彫って

葉酸を蘇し

作製を訳した

 

雉の尼僧で

稔性を蹴って

連関を訂し

窒化を律した

 

味の排行で

放過を織って

壮蚕を止し

約制を策した

 

虹の貴相で

研精を練って

転換を例し

立花を蟄した

 

 

「アーミィ」

吐く債券で

挿記を補して

目送を押し

愛視に舞った

 

給気の肉で

年功に煙って

麗姿に徹し

注染を律した

 

咲く拝絹で

蜂起を蘇して

臆想を模し

昧死に逢った

 

入帰の菊で

乾綱に睡って

涕泗に列し

流泉を蟄した

 

 

「ディアル」