ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


吐く昧死で

綿亘に偏して

稔性に挺し

帯剣を生した

 

印記の肝で

好戦に応じて

草径を論じ

輪相を釈した

 

巻く排紙で

変更に面して

点睛に佞し

内見を足した

 

禁忌の芋で

鶯遷に高じて

老兄を損じ

新粧を略した

 

 

「ハードゥ」

愛校の種で

闘志を押して

創見を擁し

扼守を作した

 

併科の令で

猟装を評して

眠期を規し

罫線を瞑した

 

体交の姉で

奥旨を賭して

用件を草し

搾取を訳した

 

霊化の弊で

表層を諒して

金気を魅し

銘仙を慶した

 

 

「マィアル」

書く慢行で

盲射を鼓して

要件を党し

卓子を約した

 

令の兵争で

秘記を利して

私選を慰し

煙火を摂した

 

蒔く感光で

厚謝を模して

闘拳を擁し

薬師を託した

 

弊の礼奏で

理気を比して

移染を死し

泉下を閲した

 

 

「フェィト」

膣の冥譴で

名機を点じて

連奏を聘し

標紙を理した

 

亀の愛器で

横行を講じて

要旨を吐し

多占を約した

 

蜜の朝憲で

帝畿を免じて

返送を隷し

遼史を秘した

 

雨の会記で

後攻を応じて

唐詩を寄し

夜戦を託した

 

 

「レィアル」