ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


相仕の波で

年縞を演じて

生起に面し

邁進を察した

 

悲喜の肝で

枯痩を報じて

老子に党し

遅筋を律した

 

内資の網で

遠郊を念じて

明記に餞し

砕心を抹した

 

鬼気の紐で

舗装を講じて

陶歯に聾し

利金を蟄した

 

 

「メルトゥ」

当帰の欲で

野犬に託して

握手で敗し

逢遭を推した

 

似た休戦で

繭糸を佞して

性交に列し

両虎で証した

 

容器の徳で

他券に約して

剝取で愛し

押送を歩した

 

着た入選で

念紙を啓して

励行に接し

鐘鼓で猟した

 

 

「フラドゥ」

弊の生禽で

沼気を評して

帰向を律し

隷下を結した

 

空く昧者で

猛進を押して

陽子を賭し

多層を約した

 

姓の屏禁で

標旗を誦して

履行を吃し

軽舸を列した

 

巻く間遮で

往診を模して

当市を寄し

野葬を託した

 

 

「ドゥレス」

堪る相先で

奥旨を吐して

舁送で稿し

夜叉を画した

 

釈の冥譴で

明器を摂して

連亘に聘し

貧家を理した

 

余る対潜で

闘志を押して

枯痩で擁し

花車を約した

 

脈の証見で

腥気を滅して

変更に隷し

林下を非した

 

 

「ウィシュ」