ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


律の冥鑑で

銘記を列して

営倉を僻し

罷市を医した

 

恒産の仄で

采詩を渇して

他校を訳し

用器を吐した

 

密の猟官

励起を滅して

兵曹を役し

遺矢を比した

 

壮蚕の酷で

解屍を察して

治工を託し

当帰を止した

 

 

「ドゥラプ」

綿糸の令で

利剣を魅して

鬼気で評し

閉創を験した

 

足る相先で

応器を吐して

妖光に草し

柵址を訳した

 

恋矢の盟で

眉間を理して

悲喜で供し

計装を偏した

 

荒る対潜で

当帰を推して

蒼昊に擁し

薬司を作した

 

 

「フィトゥ」

網の管窺で

交感に応じて

操觚を寄し

夜行を作した

 

列の底止で

昼餐を領じて

味噌を秘し

並走に面した

 

髪の晏起で

往還に高じて

養虎を蘇し

鎖港を扼した

 

鉄の霊視で

硫酸を貼じて

砒素を魅し

冥捜に偏した

 

 

「デフトゥ」

白む乳歯で

熱泉を征して

励起を慶し

帰向を理した

 

宿る拓士で

塗装を寄して

豊肌を押し

案件を泊した

 

睨む収支で

接線を佞して

掲記を隷し

履行を規した

 

辿る薬師で

舁送を吐して

応器を歩し

版権を握した

 

 

「ワァリィ」