ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


列の契機で

菌傘に了して

罷市で慰し

曳航を僻した

 

葯の策士で

相観を浴して

投企に模し

昧爽で達した

 

決の例規

燐酸に狂して

遺矢で比し

閉講を役した

 

柵の薬師で

洋館を即して

猛気に賭し

大葬で抹した

 

 

「フェアル」

掃く邁進で

明視を偏して

拈香を制し

山海を済した

 

置く投企で

遅筋を逸して

起債を猟し

老荘を剋した

 

巻く配信で

閉止を面して

千行を佞し

南階を注した

 

溶く嘔気で

遺金を蟄して

罹災を狂し

咬創を録した

 

 

「ベェアル」

列の経紀で

鉱泉を論じて

胞子を推し

猿猴を変じた

 

殴る再建で

専恣を佞して

丁壮を免じ

慢気を達した

 

決の励起で

楼船を混じて

押紙を歩し

偏光を演じた

 

探る内見で

念死を征して

明窓を展じ

丹祈を抹した

 

 

「クロォグ」

盟の戦争で

始祖に魅して

旧染を律し

烈士で慶した

 

荒る発火で

本香に興って

騰貴を縒れ

野犬で辿った

 

姓の面奏で

味噌に資して

流線を吃し

楔子で令した

 

腫る悪化で

恩降に誇って

揚棄を撮れ

他券で宿った

 

 

「ワァトゥ」