ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


理想の質で

専恣に列して

癲癇に僻し

庇恵に蟄した

 

万口の圧で

嘔気を牧して

養蚕を貢し

覚醒を扼した

 

志操の律で

練思に接して

返簡に敵し

知計に必した

 

暗紅の罰で

紡機を臆して

講讃を夭し

約制を攪した

 

 

「パァース」

集る胚子で

閉栓に適して

戦機で佞し

南窓を差した

 

踊る門歯で

未見を医して

悋気で吃し

高校に聾した

 

量る体脂で

停船に僻して

年紀で制し

山荘を成した

 

戻る恩師で

違憲を魅して

禁忌で律し

陋巷に抗した

 

 

「ミィーク」

梨の拝啓で

偏好を佞して

天機に接し

採薪で達した

 

幹の異観で

黄紙に黙して

孤松で勒し

利世を狂した

 

箸の内径で

拈香を聘して

疝気に徹し

耐震で察した

 

息の味官で

毛詩に臆して

呂尚で剋し

既成を猟した

 

 

「ハァード」

書く万線で

味解を期して

侍曹を資し

三希を坐した

 

興る包涵で

編製を役して

天球を礼し

牢死を党した

 

蒔く汗腺で

毀壊を魅して

歯槽を持し

残基を刺した

 

誇る往還で

遠征を僻して

連丘を挺し

透視を弄した

 

 

ビサイド