ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


蒔く晏起で

永銭を免じて

牽制を聘し

放曠を鼓した

 

残る爪床で

認可を進じて

俚諺を着し

投資を弄した

 

飽く満忌で

銘仙を演じて

編成を慶し

後行を干した

 

底る脳漿で

深化を任じて

痴言を略し

牢死を党した

 

 

「弾む感知」

織る法喜で

飛泉に淫して

亀鏡を律し

老壮を貢した

 

回る三聖で

先見に面して

天姿を狙い

対抗を成した

 

彫る嘔気で

緯線に貧して

理系を喫し

皇宗を弄した

 

障る満誓で

瞑眩に餞して

念紙を衒い

内攻を足した

 

 

「フルネス」

欲る応化で

閹官を僻して

原生を献じ

観照を駕した

 

探る内心で

沼気を睨んで

地球を律し

老師を督した

 

愚る放過で

返簡を役して

顕性を減じ

翫賞を貸した

 

殴る再伸で

尿器を白んで

離宮を蟄し

檔子を録した

 

 

「キャッチ」

沁む表旌で

並走を征して

励起を慶し

起算を利した

 

道管の欲で

訳解を諾して

愛好を託し

投資を捺した

 

秘む招請

清掃を聘して

傾危を礼し

離散を期した

 

腰間の毒で

奪回を扼して

対抗を握し

横死を賭した

 

 

「基底の無」