ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


強姦の毒で

大士を駕して

哀泣を泊し

放過に応じた

 

羞愧の塵で

転宗に接して

錬成を慶し

帰参を療じた

 

同感の獄で

外使を堕して

配給を握し

押下に報じた

 

注記の尻で

染習に徹して

牽制を礼し

離散を興じた

 

 

「ガールズ」

練る先史で

嗜好を睨んで

知己を領し

励振を呈した

 

織る余執で

野手を握して

関鍵を発し

方技で転んだ

 

競る年歯で

二項を白んで

理気を貼し

逓信を例した

 

縒る汚習で

亜種を訳して

半券を渇し

高誼で滅んだ

 

 

「溺る飽和」

得た返抄で

本紙に応じて

後件を弄し

励起を慶した

 

足る内緒で

入神を鎮じて

未開を歯し

鑽孔で摩した

 

経た炎症で

音子に報じて

陋見を貢し

傾危を隷した

 

成る耐暑で

忠信を任じて

尸解を魅し

漫行で刺した

 

 

「パターン」

蒔く晏起で

永銭を免じて

牽制を聘し

放曠を鼓した

 

残る爪床で

認可を進じて

俚諺を着し

投資を弄した

 

飽く満忌で

銘仙を演じて

編成を慶し

後行を干した

 

底る脳漿で

深化を任じて

痴言を略し

牢死を党した

 

 

「弾む感知」

織る法喜で

飛泉に淫して

亀鏡を律し

老壮を貢した

 

回る三聖で

先見に面して

天姿を狙い

対抗を成した

 

彫る嘔気で

緯線に貧して

理系を喫し

皇宗を弄した

 

障る満誓で

瞑眩に餞して

念紙を衒い

内攻を足した

 

 

「フルネス」

欲る応化で

閹官を僻して

原生を献じ

観照を駕した

 

探る内心で

沼気を睨んで

地球を律し

老師を督した

 

愚る放過で

返簡を役して

顕性を減じ

翫賞を貸した

 

殴る再伸で

尿器を白んで

離宮を蟄し

檔子を録した

 

 

「キャッチ」

沁む表旌で

並走を征して

励起を慶し

起算を利した

 

道管の欲で

訳解を諾して

愛好を託し

投資を捺した

 

秘む招請

清掃を聘して

傾危を礼し

離散を期した

 

腰間の毒で

奪回を扼して

対抗を握し

横死を賭した

 

 

「基底の無」