ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


愛護の亀で

亢進を推せば

豚脂で模し

魔境を断った

 

似た貧生で

返照を念じて

精気を隷し

輪姦で賞した

 

悔悟の雨で

往診を濾せば

門歯で賭し

他郷を待った

 

干た仁清で

燃焼を変じて

霊鬼を制し

震撼で諒した

 

 

「綻ぶ脆弱」

凝る法眼で

胚子を介して

魔性を達し

投機で揉めた

 

似た医生で

援交を熱して

精華を隷し

量産で歯した

 

彫る荒原で

懐紙を拝して

多祥を抹し

猛気で泊めた

 

鋳た二世で

年功を閲して

冷夏を制し

消散で利した

 

 

「ギャザー」

役の博取で

芳信を縒れば

棹歌で漏れ

満稿を足した

 

絹の印章で

厭世を献じて

連関で制し

振起を領じた

 

箔の扼守で

痒疹を掘れば

猛火で採れ

探鉱を増した

 

犬の筋鞘で

顕性を演じて

専管で隷し

悋気を請じた

 

 

「賊の溺没」

神の戴冠で

投写を濾して

養生を則し

鑿開を遣った

 

未成の息で

英泉を命じて

併科を隷し

履行を秘した

 

民の回環で

厚謝を賭して

相乗を浴し

訳解を去った

 

異姓の幹で

名川を映じて

霊化を聘し

肥厚を利した

 

 

「イロニー」

計の名刺で

民選を期して

隆起で寵し

鉄橋に隷した

 

報時の空で

廃娼を挿して

薬価で握し

王権に縒れた

 

盟の屐子で

欽羨を魅して

注記で猟し

列強に挺した

 

総持の洞で

採証を破して

悪果で扼し

要件に折れた

 

 

「ドランク」

連想の兵で

百事を領して

稚蚕を任じ

年季を挺した

 

唆る恩誼で

圧巻を提げて

野菜を攪し

糊口を擁した

 

変相の例で

略字を評して

二三を鎮じ

転機を佞した

 

怖る存疑で

錯簡を挙げて

禍災を訳し

予行を校した

 

 

「逆る性情」

契る入校で

念紙を衒って

醴泉を銘し

民会を利した

 

感謝の箔で

舗装を鼓して

揚棄を則し

左券を遣った

 

握る中興で

転子を狙って

名川を隷し

鱗介を魅した

 

反射の格で

枯痩を干して

想起を浴し

野犬を去った

 

 

「生む落差」