ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


隔靴の粗で

王冠を告った

督視で模し

万草を足して

 

仁厚を利し

恋矢で贅して

月震の咳を

心窩で議した

 

悪果の殻で

光環を贈った

黙示で吐し

単層を増して

 

隣好を辞し

全姿で隷して

切診の劇を

銀貨で死した

 

 

「英雄の真」

校歌の獄で

外向を課され

単糸で諾し

同船は燈った

 

左券の薪で

門歯を蘇して

誇る農場は

南華を吐いた

 

号火の刻で

偕行を臥され

弾子で託し

当選は吃った

 

魔犬の先で

損紙を模して

遺る鳳城は

盤枷を泣いた

 

 

「無実の縁」

哀歓の神は

光時を捺せど

法帖に洩れ

迷子を発した

 

実気の肉で

念校を贅して

性の元資は

義眼を信じた

 

戒勧の網は

往事を鼓せど

妄情に惚れ

廃語を抹した

 

日記の軸で

前項を佞して

芸の千思は

此岸を吟じた

 

 

「シナリオ」

密送の釈で

正始を免じて

掲記を令し

林冠を供した

 

玄関の税は

上気で艤せど

表紙を寵し

抵抗を偏した

 

失踪の脈で

名詞を栓じて

例規を刑し

菌環を領した

 

全巻の芸は

暁起で辞せど

冢子を評し

平衡を典した

 

 

「ミックス」

還帰の雨で

往航を刻して

蚤の闘志で

貪心を鳴いた

 

詩魂を猟し

恋歌を摂して

盟の返送で

表事を魅した

 

安危の亀で

高校を臆して

富の脳死

難信を焚いた

 

離恨を賞し

戦火を列して

塀の面争で

苗字を秘した

 

 

「白き我欲」

慕情を督し

短所を縛して

配下の題は

同源を補した

 

貝の雑記は

憎心を剋して

権教を蘇し

最始を駕した

 

途上を牧し

万庶を託して

代価の灰は

法諺を度した

 

財の活気は

恒真を賊して

遜恭を後し

涯涘を鎖した

 

 

「裏腹の靴」