ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


単騎の釜で

交合は透れど

悪心の欲で

扼守を炙った

 

挿画の洞は

発汗を浚って

万世の座を

造次で牧した

 

喚起の弾で

等号は氷れど

余震の奥で

握取を破った

 

奉加の空は

錯簡を祓って

残生の場を

亡児で賊した

 

 

「鹹き収束」

同慶を剋し

回鯉に諾せど

魔性の幸で

操觚は黙した

 

蟠結の剤は

造化を縫合し

等差の奥で

愛視を託した

 

後景を毒し

大理を画せど

左証の街で

猛虎は則した

 

残欠の灰は

包裹に贈号し

応作の徳で

太始を握した

 

 

「フレイル」

暫時の才を

総算し蔵して

偏気を便し

備考を秘した

 

未刊の息は

燕居し巡って

余照を貢し

核子を扼した

 

讃辞の財を

増産し相して

抃喜を貶し

非行を尾した

 

如何の幹は

免許し抉って

古鐘を擁し

訳詩を攪した

 

 

「綴る迷路」

刻下を目し

昧死で通えど

野性の蟻は

殴傷を浴した

 

微言の鈔で

測器を牧して

弊履を出て

醍醐を廃した

 

黙過を剋し

海市で迷えど

阿世の槍は

永生を臆した

 

始原の廟で

勃起を則して

泥裡を経て

背後を題した

 

 

「息の勝敗」

期成の韻は

英資を献じて

徳の読破で

断機を託した

 

善の選果で

心耳を持して

盲者の堀で

敗走を慢じた

 

遺制の菌は

刑屍を演じて

毒の特派で

単騎を諾した

 

栓の前科で

塵事を資して

放捨の森で

埋葬を判じた

 

 

「粗末な境」

揚棄を督し

託生で宿れば

安閑の幕で

目次は踊った

 

開栓の恥は

抱囲で鼓して

相思で論じ

乱交で讃した

 

騰貴を浴し

薬傷で辿れば

満干の悪で

憶持は戻った

 

敗戦の舵は

更衣で干して

老視で損じ

鑽孔で濫した

 

 

「径の辻褄」

幕の眼光で

極製を模して

再三を坐し

臓器を則した

 

乃至の網は

往還に残って

鐘の背理で

蓬窓を濾した

 

学の満稿で

木星を護して

財産を刺し

装軌を賊した

 

哀詩の波は

納棺に興って

翅の乖離で

後奏を歩した

 

 

「軋る迂遠」