ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


甘く裁制で

視診せども

婉曲なれば

壮美を織る

 

深き通辞を

徒消すれば

否決しても

短気は奔る

 

慧く哀惜で

遺失せども

遷喬なれば

往時を剃る

 

強き風靡を

捕食すれば

知見しても

犯意は猛る

 

 

「竟の汚毒」

幽かな大疵で

調戯を矯飾し

締結し嫌忌し

交合し党した

 

そして不測は

品性の胃腺を

円鏡で返辞し

背理が荒れた

 

確かな懐裡で

教示を徴証し

経験し転移し

投獄し抗した

 

そして有相は

引責の飛雪を

偏曲で演技し

哀詩が腫れた

 

 

「仮令の慕」

背教の滝で

貞潔だけを

捕食すれば

致誠は干る

 

猜忌の傘で

謹厚さえも

総算したら

顕色を競る

 

太極の灰で

閉瞼だけを

徒消すれば

丕績は散る

 

介意の皿で

辰刻さえも

絞殺したら

専焼を蹴る

 

 

「拗る終息」

等しき異義に

欝血の忿恚は

変色で遠離し

愛染を量った

 

しかし相関は

真理に遅刻し

転成の晴雪で

猜疑し堪った

 

賤しき秘事に

復権の雲気は

延焼で駢死し

廃絶を呷った

 

しかし統括は

沈思に伺候し

戦績の汀線で

対峙し覚った

 

 

サヴァン

播殖の旅で

致誠さえも

閉口すれば

統轄し細る

 

汚染の腰は

憩息せずに

運気だけで

感光を煽る

 

多祥の恥で

非斥さえも

啼哭すれば

包涵し隣る

 

古説の檻は

営巣せずに

勲位だけで

暗黒を騙る

 

 

「善き悪因」

確かな蟠結で

肥厚し挑起し

定義を変遷し

奉仕し隣った

 

なので才思を

弛緩し嬉戯し

譴責し清掃し

喪失し寇した

 

遥かな探見で

遅刻し憑依し

平時を転折し

統理し誇った

 

なので乖離を

飢渇し伺持し

宣誓し繋束し

貢進し相した

 

 

「ロジック」

片思の駅を

愛唱せずに

復権したら

委曲で干る

 

完食の種は

当選せども

敬恭すれば

調子が霧る

 

遠離の塀を

配色せずに

欝結したら

悲境で癒る

 

淡粧の甕は

巧説せども

底極すれば

教理が散る

 

 

「背馳の座」