星の雨宿りに

目頭が燃える

甘美な引力を

根底で悟って

 

廻る夢を観る

神話の安楽死

煌く恋で編む

罪深い詩劇よ

 

闇の花盛りに

哲学が癒える

穏和な終末を

聖域で想って

 

燈る街を去る

汽笛の鎮魂歌

瞬く嘘で富む

心無い銀河よ

 

 

「オリオン座」

小皺が語る

福音な君に

地獄の底で

眩しく頷く

 

永い厭世に

破滅の渦巻

僕は忘れて

空白を編む

 

夜霧が悟る

天国な君に

神坐の陰で

愛しく呟く

 

浄い東雲に

裸足の初恋

僕は薄れて

再会を詠む

 

 

「輪廻想い」

棄てた憧憬で

失せる愛液に

贋物の吐息は

追憶を殺すの

 

目蓋の暗闇に

溢れる青春は

実存した恋を

残光で描いた

 

冷えた汗水で

融ける幻想に

喪失の寝癖は

人生を保つの

 

乳房の心象に

潰れる弱虫は

停滞した嘘を

朝露で洗った

 

 

「ジルバ」

詩の哲学で

暴れる鬼は

僕を模って

苦痛に触る

 

古い警笛が

嘆く疾患に

寵愛は捩れ

獣を育てる

 

美の偏見で

溺れる神は

君を偽って

毛布に潜る

 

聖い便箋が

孕む欠損に

残照は薄れ

鎧を与える

 

 

「安全な闇」

困難な頭蓋に

音感を詰めて

孤独で憶えた

六弦が吼える

 

逃亡兵の血が

旋律で色付く

銀河系は鳴き

天国を揺する

 

前衛な詩性に

問題を秘めて

空虚で鍛えた

妄言が煮える

 

赤信号の尾が

痛覚で息衝く

死化粧は咲き

絶望を撫する

 

 

「ノイズ」

噴水は怨み

暗鬱を謳う

易い歓喜

隷属に果て

 

苦痛は薄く

精気を偲び

静謐の色が

残虐に散る

 

灯台は嘆き

原罪を示す

荒い希望が

憐憫に満ち

 

理想は脆く

固執を喘ぎ

幸福の癖が

歪曲に照る

 

 

「心象自殺」

電柱の兵士が

平和に勘繰り

釜猫は多剤し

手首を刻んだ

 

牡象が暴れて

児童を肉にし

粗雑な演奏は

青年の欲望だ

 

狂信の夜鷹が

汚名に千擦り

野兎は自尊し

美品を怨んだ

 

沢蟹が隠れて

非道を性にし

気鬱な鉄道は

天空の悪心だ

 

 

「深淵の賢治」