読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


神聖な隣町は

黄昏に燃えて

血液が沸く程

君を祈らせる

 

楽園の哲学に

正しく符合し

退屈な憂世も

憧憬で満ちる

 

乱雑な物語は

混沌に魅せて

脳髄が編む儘

僕を還らせる

 

妄言の音律に

烈しく呼応し

軽薄な認知も

感性で朽ちる

 

 

「奇蹟のエサ」

不潔に祈る

初恋は残り

僕の言葉を

熱く磨いた

 

呼吸する露

妖精の電荷

詩篇が悼む

根暗な秘密

 

自由に悟る

命題は積り

君の美学を

聖く望んだ

 

唱歌する翅

星空の梯子

夢想が響く

非凡な啓示

 

 

「ボーダー」

雷鳴に望まれ

刹那を讃美し

高潔な天空で

正義が顕れる

 

命題は鮮烈で

真理に還れば

何よりも速く

酸素を刻んだ

 

死神に招かれ

言葉を使役し

喧騒な戦線で

憎悪が戯れる

 

約束は切実で

詩篇に綴れど

誰よりも深く

叡智を嘆いた

 

 

「私は観念」

月詠んで

紫煙が薫る

里は安寧に

恥辱を迫る

 

穴の聾唖が

不感に導き

翅を穢して

手毬は遊ぶ

 

俄雨泣いて

眩暈が過る

恋は暴悪に

非情を猛る

 

淵の魔物が

地獄に嘖み

鬼を祓って

膿血は喘ぐ

 

 

「春の毒」

一日花の色は

再誕を罰する

滅びた恒星が

嘆美する夜に

 

僕は径を往き

前世に微笑む

不吉な正論も

洗わず食んで

 

三環系の性は

哲学を欲する

捧げた幻想が

惰眠する朝に

 

君は霊を病み

迷夢に渦巻く

無口な喧騒も

残さず吐いて

 

 

「明暗臓器」

君は気儘に

僕を介護し

平穏な指で

惨殺してく

 

隔てた愛想

慈悲の混濁

泪に映った

美しい否定

 

僕は卑屈に

君を回顧し

憂悶な声で

滅亡してく

 

育てた隠喩

無垢の精練

鏡に交った

難しい認知

 

 

「圏外の瞳」

不沈な思惑を

天使は調律し

何も讃美せず

欲望に肯いた

 

生肉が踊って

熱を感じれば

無口な大罪に

正義は溺れた

 

苦難な感性を

悪魔は祝福し

誰も排他せず

完結に慄いた

 

瞳孔が燈って

嘘を詠じれど

気鬱な恩恵に

悲願は怖れた

 

 

「慈愛の裡」