ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


能事の檻で

穢行に直れど

乱気で姦し

弧線を弄した

 

未墾の質で

性技を免じて

知情は必し

返詞を典した

 

往時の糊で

内項に煽れど

喚起で濫し

路銭を冦した

 

私恨の蜜で

名義を詮じて

非常は蟄し

天使を偏した

 

 

「触る空白」

明時を刑し

愧心を魅せど

膣の流儀は

連亘に徹した

 

洞の粗相で

再起に発せば

内含を洗い

奥旨で遺した

 

慶事を瞑し

未進を期せど

律の忠義は

覘考に列した

 

空の舗装で

拝跪に察せば

哀願を倣い

脳死で興した

 

 

「柩の傍役」

薄志の穴は

恩詔で誇れど

幼児を則し

左券を遣った

 

盟の経線で

矜持を魅して

抵抗に隷し

留止を寵した

 

悪詩の花は

本性で興れど

走時を浴し

野犬を去った

 

刑の名川で

苗字を期して

励行に挺し

忠死を猟した

 

 

「包む連鎖」

多項の幅で

蜂起を吐せば

汚染は酔い

扼守を編んだ

 

睡る験左は

休刊を任じて

心技を領し

連唱に接した

 

波高の束で

投棄を歩せば

予洗は追い

握取を病んだ

 

煙る年差は

入棺を禁じて

隣誼を証し

専焼に列した

 

 

「謎の逆流」

祭器の悪で

汚垢は底って

農科の富は

対捍を生した

 

乳腺を着て

犬歯で睡れば

兵の練修は

倫次で表した

 

噫気の柵で

素行は興って

当下の蚤は

内勘を足した

 

旧染を煮て

年矢で煙れば

霊の編集は

賓辞で了した

 

 

「括る冷淡」

反始を託し

東京を彫って

登る向自は

感染を生した

 

胃管の式は

撰糸を演じて

明窓を隷し

立志で魅した

 

短枝を博し

封境を摂って

毀る能治は

難戦を科した

 

死姦の息は

衍字を詮じて

礼奏を銘し

密旨で利した

 

 

「虎の道草」

薬餌の蟻は

御産を酔えど

底る濃厚で

南下し咲いた

 

銘菓に偏し

卑小を魅せば

朝刊の霧で

携持を挺した

 

悪事の槍は

余算を追えど

残る壮宏で

酸化し泣いた

 

兵禍に面し

未詳を秘せば

鏡鑑の塵で

提示を刑した

 

 

「朧気な泡」