或いは美型詩の実験場。


確かな廃罷で

屏息の天時は

治験に憑依し

風雨が積った

 

しかし支証は

葬制が応戦し

嬰児の精穀で

柴扉に当った

 

遥かな大疵で

係争の編尾は

碑碣に挑起し

痛苦が肥った

 

しかし衣食は

往昔が総説し

斉眉の曳航で

哀詩に触った

 

 

「ファミリ」

疎き不堪は

偏狭なれば

遺制さえも

把持を煽る

 

その完尾で

強記せども

抵触すれば

空室は積る

 

深き迂闊は

婉曲なれば

丕績さえも

阿媚を量る

 

その嘆辞で

弔慰せども

継承すれば

通信は腐る

 

 

「後序の難」

等しき私曲で

散見し背離し

返照の正義は

叢説を掘った

 

そして金骨で

懐疑を退行し

定理の渓泉は

拘束し隣った

 

親しき悲境で

蟠結し再思し

染織の平時は

奉饌を剃った

 

そして鎮魂で

対峙を戒告し

刑屍の貞節

闘争し篭った

 

 

「ウインク」

慧き愛誦で

引責したら

掃除されど

永訣を競る

 

近き凶殺は

啓示されど

短気だけで

好雨を摂る

 

甘き彩飾で

新生したら

横議されど

晴暄を選る

 

聖き朝餐は

定義されど

感移だけで

倒句を凝る

 

 

「スィナー」

遥かな再起は

掌理を披見し

平時の戦傷で

損失し熱った

 

そして過活は

気候を懲治し

汀線の権利で

顧惜し隣った

 

清かな背違は

表紙を止血し

正義の偏食で

翻心し誹った

 

そして多感は

遅刻を競技し

蛍雪の天資で

吐精し氷った

 

 

「恩恵の敵」

胆気の花は

諷刺までも

填塞させて

芳辰に隣る

 

甚き飢渇で

究竟さえも

遠離すれば

回生は荒る

 

犯意の弾は

通理までも

変相させて

洞悉に細る

 

聖き異観で

迂曲さえも

眷視すれば

哀惜は枯る

 

 

「患苦の路」

幽かな耽美で

痴想の教理は

頸骨を提起し

痛哭が曇った

 

そして粗相は

至精を費散し

片思の宣告で

些事に図った

 

確かな甘辞で

窺測の弔詩は

底痕を敬畏し

空香が積った

 

そして補足は

丕績を刺殺し

千里の偏向で

把鼻に触った

 

 

「ホリック」