ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


慧い厭人家は

怨憎が衰死し

句心の法則で

偏差を煙った

 

結論を閉鎖し

放棄した苦杯

素直な負目は

詠歌で騒いだ

 

甘い走馬燈

神愛が隠喩し

比翼の感官で

季節を計った

 

灰殻を帰結し

開花した悲愴

偉大な時雨は

想起で遊んだ

 

 

「ダスト」

害獣の美は

首枷で響く

古い傷痕に

崇拝を縛り

 

些細な罪で

逃避する空

悪魔の熱は

認知を抉る

 

病毒の我は

一息で眩む

聖い風景に

諦観を辿り

 

緻密な咳で

創始する鳥

寝言の雨は

厭離を握る

 

 

「終演の穴」

数多の花束に

深く怨望して

淋しい失恋は

見識を飾った

 

静謐な創始が

混沌を懐古し

悲劇の暗黒は

恩愛に触れた

 

普遍の面影に

甘く貶斥して

哀しい構想は

存滅を迫った

 

完璧な敬畏が

心骨を採火し

遠離の故里は

氾濫に荒れた

 

 

「忘却の慰撫」

舌は暴掠し

亡骸が踊る

稚拙な顔色

安穏の認知

 

音吐が奔り

禁忌は点る

甘い妊性に

闇を護って

 

星は充血し

運命が昇る

過酷な沈然

熱望の遠路

 

脳裡が捜り

天使は腐る

睡い演繹に

繭を破って

 

 

「温き夜」

角砂糖の隣人

論結に恋する

真摯な背徳が

変異を縋って

 

満懐に哀惜し

永遠が実った

睡たい対立で

貞操を治した

 

螺旋型の口笛

混交に聾する

悲惨な聖祭が

讃歌を抛って

 

暗黒に埋没し

命令が踊った

冷たい認識で

悩乱を燈した

 

 

「トニック」

安産な友が

空費する街

薄き結合に

荒廃を祈る

 

傷口は黙し

冤罪が肥る

烈しき嵐を

変奏しても

 

透明な悪が

夢想する神

辛き水嵩に

望月を辿る

 

名実は抗し

沈濁が迫る

淋しき扉を

崇信しても

 

 

「ダミー」

多剤した鯨は

淋しい星雲を

悲愴で放擲し

演目に耽った

 

愛玩の哲学は

寝言で曇った

静謐な嘆声が

心臓に宿って

 

再起した鼠は

正しい敵兵を

怨嗟で鏖殺し

必然に祈った

 

背徳の聖典

空理で睡った

丁寧な錯綜が

痛惜に実って

 

 

「偏好の危惧」