ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


季節外れの

悪夢を数えて

天機に潜む

微分が嘆いた

 

電器の虹で

桜唇が揺れて

唄の対自を

敷布に溢した

 

深き暗喩の

等価が亡びて

君の子宮を

題意に担った

 

僕は詩情で

有刺を遺して

霊に擁せば

灰皿が暮れた

 

 

「知の嗜好」

比翼の嘘は

詩と呼ばれ

僕の業火に

コールする

 

意を粉砕し

美に噛まれ

余白の旅で

死に飢える

 

君の原理で

果てるまで

神様の胃は

修羅を抱く

 

遠隔を撫で

自治を絶ち

時計に荒む

ピリオドよ

 

 

「呪詛の匣」

絹の乳房は

異星人の味

欠乏の如き

臆病の中で

 

透けた鏡を

信教したら

獣畜を捌く

続稿に篭る

 

埃の帽子で

祈りし玩具

僕を模った

誰かの死神

 

今が結んだ

行方は逆さ

遠き憧憬も

嵐を妊んで

 

 

「快き迷宮」

保清の祈り

裡は噴く

恋の貞節

瞑っても

 

慧き荷物は

沼を磨る

要心の未知

報えども

 

遺式の誇り

淵は膿む

敵の根圏を

括っても

 

苦き差音に

砂を塗る

蜜月の余地

赦せども

 

 

「不毛の性」

貝殻は肥り

慍色を量る

恋風の檻に

慢心せども

 

変症するは

抱擁の背離

縫糸が睡る

厭戦の肌理

 

花束は腐り

永劫が薫る

星影の肢に

納骨せども

 

警告するは

膏沃の解屍

群肝を巡る

欝血の悲史

 

 

「スケア」

君は常識を

毛布だと信じ

認知の富で

宿望に毒した

 

花畑の殻は

視診する耽美

相関を論じ

空を補完した

 

僕は能性を

転結で病んで

真理の旅で

癌を飽食した

 

物語の膣は

夜行する孤独

脳を刑殺し

詩稿に響いた

 

 

「ウォール」

罰の数で大人

僕は傷を売る

慧き血の本途

詩の虎は肥る

 

夜行列車は

僕の精神科

死亡保険に

嘘を拝贈し

 

軽き獏の暗示

君は没を選る

痴の先は墓場

都の識に浸る

 

有害図書

君の包装紙

避妊手術で

石を詮索し

 

 

「ハミング」