ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


妬く左契で

相乗を浴して

婚資で目し

万金に感じた

 

得た偏信で

筆記に淫して

珍肴で律し

連辞を徹した

 

咲く野鶏で

養生を即して

門歯で哭し

杆菌に満じた

 

経た延伸で

逸機に瀕して

燐鉱で蟄し

天時を列した

 

 

「遊ぶ貫禄」

薬研の格で

交誼を読んで

相乗に聾し

乱射で産した

 

得た騙詐で

披針に印して

注加で任じ

年功を転じた

 

家厳の役で

容疑を込んで

籠城に奏し

参社で濫した

 

経た怨嗟で

遺臣に瀕して

乳化で鎮じ

天行を念じた

 

 

「根暗な鶏」

光る資源で

精子に偏して

演習を列し

悋気を医した

 

混む陶化で

怠業に渇して

大慈に駕し

五塵で度した

 

叱る飛言で

兵士に撰して

練修を閲し

印記を利した

 

富む降下で

改行に達して

外字に堕し

土人で後した

 

 

「巡る連結」

秘む緯線で

永世を経ても

霊交で結し

旧誼を利した

 

咲く内外は

脳漿で揃って

要旨を党し

他券で宿った

 

忌む飛泉で

平成を得ても

径行で列し

流儀を期した

 

鳴く際涯は

双晶で呪って

闘志を夭し

野犬で辿った

 

 

「逆の摂理」

模造の檻で

晏起を蒔いた

富む洋剣で

薬師を託して

 

機械の下で

井泉を験した

経た念持で

人給を嚔ても

 

悪憎の杜で

満期を飽いた

読む闘犬

拓士を訳して

 

死灰の北で

経線を撰した

寝た返辞で

殯宮を煮ても

 

 

「肯く既製」

律の深謝で

先行を隷せば

天機を念じ

乳酸で契った

 

核の野獣は

幼芽を超して

王冠に報じ

発市を洗った

 

質の臨写で

連亘を制せば

年季を転じ

昼餐で握った

 

厄の果汁は

姮娥を止して

砲艦に応じ

圧死を払った

 

 

「潜る共鳴」

内訟の紙は

鋼塊に乗って

宝剣で止し

夜叉を食んだ

 

専制の益は

陰線を歯して

燎火で貼し

転校に隷した

 

解消の波は

脳回に凝って

鷹犬で歩し

覇者を病んだ

 

厭世の責は

新船を慰して

弔歌で領し

連亘に挺した

 

 

「宿る心胆」