ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


蛆虫は牙で

暗く謀反し

敵役の骨が

落日に祈る

 

聖い酩酊が

詩を燃焼し

甘い孤立は

約束に渉る

 

抜殻は棘で

強く否定し

完善の幕が

星芒に睡る

 

遠い変則が

理を演出し

永い多罪は

若鷹に宿る

 

 

「チェルカリ」

機械の神殿は

裏庭で稼動し

迷惑な哲理に

本物を燈した

 

聖典を研磨し

鉄が隠蔽する

悪魔の装置に

欲望は肥った

 

葉虫の宵町は

心臓で輪廻し

端整な盲唖に

蔓延を宿した

 

唯識を悲哀し

華が散漫する

死滅の遠路に

嘆息は実った

 

 

「切なる文明」

鯨の寝息で

滅亡した庭

静謐な風が

形骸を辿る

 

悪夢の門は

深く悩殺し

空しい生を

最適に嬲る

 

燕の死闘で

成立した神

健全な虹が

法則を縋る

 

認知の橋は

永く延命し

等しい罪を

乱暴に炙る

 

 

「因果日和」

怪物は注視し

恋文を怖れた

平穏な奈落で

聖く消耗した

 

醜い不等号が

野花に宿って

稔性の砲列を

独善で命じた

 

遊星は修理し

雨音を忘れた

精確な機関で

慧く調律した

 

儚い無神論

末路に睡って

巧説の心霊を

暴悪で変じた

 

 

「ミッシング」

知の骨折に

剃刀が澄む

淡い博愛は

死肉を削る

 

弱虫な息が

苦く演壇し

連鎖の病を

沈痛に量る

 

個の密告に

霊性が透く

若い賛嘆は

明視を護る

 

繊細な夜が

深く融合し

孤独の鏡を

淫奔に殴る

 

 

「落伍の生傷」

脳天が痺れた

貴い夏だった

完璧な科白は

熱学を宿した

 

絵葉書の灰は

星空に離散し

冷たい名前を

裡で否決した

 

感性が暴れた

幼い翅だった

深刻な亀裂は

健羨を遺した

 

真理値の波は

認識に和合し

睡たい無間を

夢で浪費した

 

 

「ホルマリン」

連奏の舌を

聖く庇護し

痛覚に縋る

粉微塵な花

 

熱が転生し

弱音の難壁

勇敢な街に

滅亡を祈る

 

天国の髪を

永く慰撫し

薫香に過る

不幸癖な露

 

夢が礼讃し

毛布の告白

静謐な息に

存在を渉る

 

 

「ファンタム」