ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


勝る鞍上で

詠懐を免じて

泉源を念じ

難字で咲いた

 

掘る投資で

恥垢に瀕して

悋気を饗し

功臣を労した

 

漁る満場で

明解を演じて

年限を詮じ

賛辞で鳴いた

 

執る奉仕で

粃糠に賃して

禁忌を猟し

老親を貢した

 

 

「曇る成型」

握る仲尼で

天漢を念じて

性技を列し

離床に歯した

 

墾る看候で

硬化に報じて

汚染を寄し

薬種を浴んだ

 

契る乳児で

年鑑を転じて

礼儀を摂し

私消に利した

 

駆る版行で

放過に高じて

予洗を捺し

悪酒を病んだ

 

 

「撚る起伏」

鋳た秘鍵で

法喜に応じて

桑港で沐し

未成を資した

 

睡る京津で

構架に乗って

答酬を弄し

霊祠で呈した

 

干た威権で

嘔気に報じて

毛亨で則し

至精を魅した

 

煙る佞臣で

濃化に凝って

老醜を党し

涕泗で隷した

 

 

「廃る特異」

婚く配信で

併起に面して

定稿を演じ

間遮を託した

 

入賞の雉で

後害に乗って

双肩を論じ

量子を抄した

 

履く邁進で

銘記に偏して

営口を展じ

大社を握した

 

求償の虹で

農外に凝って

老犬を損じ

将士を諒した

 

 

「ゲバルト」

横行の森で

未成を医して

皮疹を尾し

防火を欲した

 

蹴る扇起で

再現を仮して

対峙を済し

燃焼を衒った

 

猛攻の檻で

異姓を魅して

美神を秘し

放歌を没した

 

競る嫌忌で

改元を挿して

内示を足し

諂笑を狙った

 

 

「乱舞の罠」

惹く歯冠で

再嫁を発して

万考を握し

意地を尾した

 

漏る亢進で

形似を面して

諂笑を隷し

狼火を党した

 

敷く秘巻で

配架を察して

安康を縛し

美辞を慰した

 

凝る妄信で

明示を験して

連唱を呈し

冬華を老した

 

 

「ウォーク」

苗字の膣で

多祥を抹して

遏止を縛し

美顔を慰した

 

誇る壮蚕で

選果を偏して

警急を隷し

牢記を貢した

 

弔辞の蜜で

魔障を達して

抜歯を握し

胃癌を尾した

 

底る硼酸で

変化を餞して

齢級を刑し

降機を弄した

 

 

「荒る星散」