ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


卑屈な筆で

神様は騒ぎ

賢智の肉も

強く溺れた

 

大作の底に

痕が残って

病は空しく

才能を過る

 

気楽な嘘で

真実は亡び

無罪の恋も

甘く穢れた

 

寝室の窓に

星が集って

命は淋しく

結論を渉る 

 

 

「チート」

花束は孤立し

形骸を慰んで

脳味噌の虹に

幻惑し羨んだ

 

不合の楽園で

遊離する熱は

肯定が難しく

絶無に揺れた

 

恋文は摩耗し

哀惜を導いて

三日月の夢に

感嘆し呟いた

 

確知の遠景で

流転する露は

旋律が美しく

心機に触れた

 

 

「悲愴の遺物」

悲観の殻が

歪を護って

幼い禁忌は

偏性に実る

 

静謐な柩で

寵愛を嘆じ

盲目の詩は

臆病に過る

 

多欲の肉が

光を齧って

儚い論理は

口実に煙る

 

克明な炎で

狂想を奉じ

責罰の血は

醜悪に踊る

 

 

「弱き破滅」

偏愛を中和し

非力に祈れど

留守電は軋る

深く強く永く

 

告白の廃棄が

泪より苦しい

濃密な心理は

君を渇望する

 

暴言を消化し

不毛に創れば

文字列は熱る

甘く若く惨く

 

幻想の厭悪が

命より淋しい

困難な短詩は

僕を生殺する

 

 

ワナビー

嘘の手品が

独奏を宿し

平熱は呪縛

穏和な夢幻

 

天命が散り

病因で喘ぎ

脆く分離し

模った哲学

 

神の仕草が

約束を残し

永別は空虚

無惨な愛撫

 

存在が去り

掌編で遊び

強く知覚し

葬った花色

 

 

「白き空洞」

十字架が語る

故人の結実を

花嫁は微笑し

盲目で踊った

 

弾丸が噛んだ

空しき心臓は

肉屋の屑箱で

割引され睡る

 

偽悪者が悟る

憂世の恩恵を

満月は腐蝕し

切論で燈った

 

万骨が咲いた

正しき楽園は

神話の原稿で

改訂され細る

 

 

「使徒の愁い」

繊細な詩に

病んだなら

森の祈りも

霧散し還る

 

妖精が焼く

至悪な夢に

緊密の過重

花園を忌む

 

豊満な美に

妬いたなら

空の怒りも

固結し肥る

 

炎天が止む

孤独な裡に

博愛の具象

死神を往く

 

 

「幻の主題」