ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


孟夏の外で

散失は負けど

肉の陣地は

善行に佞した

 

学窓の肺は

捕食を護して

縁の経血で

謹賀を育した

 

挿花の許で

満室は裂けど

軸の認知は

年功に贅した

 

薄葬の害は

誤植を歩して

剣の永訣で

印画を掬した

 

 

「歯車の脈」

僕の特記で

淡交を縛して

破線の題は

動詞を焙じた

 

快足の網は

往歳を濾して

要項を草し

索餌を訳した

 

徳の勃起で

万口を託して

唾腺の灰は

芳姿を同じた

 

愛息の神は

洪才を捺して

壮行を擁し

薬事を作した

 

 

「起点の背」

生殖の敵は

沈下を証して

神は難航し

脳裡に凝った

 

像の合接は

街宣で坐して

密会の息は

英華を免じた

 

抵触の咳は

進化を弔して

波は緘口し

公理に乗った

 

業の造説は

在線で賀して

一介の幹は

名菓を演じた

 

 

「敗北の値」

木星の損で

洒掃に廻った

遥察を臆し

悪手を訳して

 

我見を題し

同価で護して

殻の拝啓は

方角を濾した

 

促声の門で

埋葬に触った

殴殺を浴し

薬種を握して

 

打鍵を害し

業果で度して

肚の会稽は

後学を歩した

 

 

「探求の屑」

空の突起は

対価を指して

亀の安息で

桜唇は高じた

 

模製を牧し

盤上は慢じて

肺肝を慨し

語格を干した

 

虎の速記は

災禍を足して

飴の箝束で

降神は応じた

 

母性を沐し

満場は晩じて

概観を佩し

補角を護した

 

 

「径庭の薫」

摂理を便じ

美景を資して

過早の闇は

幼時を寇した

 

妙詩の乳は

転校を銘して

萌生を護し

眼窩で拝した

 

別離を撰じ

死刑を尾して

夜装の神は

後事を擁した

 

弔詞の道は

綿亘で挺して

合成を干し

半可を害した

 

 

「耽る泡沫」

造機を号し

頑強は坐して

奪の売価で

同視を牧した

 

愛憎の中で

能性を興して

星の講話で

開巻を量った

 

拷器を蔵し

残響を駕して

罰の題下で

防止を毒した

 

内臓の垢で

旺盛を遺して

腰の飽和で

廃刊に罹った

 

 

「滅亡の王」