ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


魔酔の箔で

宝剣を模して

桑弧で聾し

来襲を産した

 

着た任槐で

年少を献じて

円匙に敵し

遅緩を淫した

 

破水の幕で

猛犬を補して

狼虎で奏し

採集を濫した

 

似た禁戒で

健勝を念じて

転子に役し

遺憾を賃した

 

 

「注ぐ積層」

魁星の凪で

脳漿を込んで

蛹化で臆し

悪感を扼した

 

倫常の蜜で

名花を列して

鉄拳に接し

招請を着した

 

内声の鍵で

後章を祈んで

押下で浴し

約款を握した

 

民情の律で

霊歌を滅して

石鹸に徹し

調整を釈した

 

 

「挫く消尽」

愛嬢の幕で

孟夏に踊れば

予感に惚れ

剥取を妬いた

 

姓の励行で

猟期に請じて

欽羨を諜し

典侍を慶した

 

舞城の悪で

横禍に戻れば

補完に縒れ

扼守を吐いた

 

令の性交で

正忌に領じて

沈潜を狂し

賢治を呈した

 

 

「乱る余白」

刈る内耳で

脳幹に凝って

余恵を蘇し

昨宵を妬いた

 

沃る恥垢で

天機に怨じて

変遷に隷し

量子を必した

 

生る海自で

巷間に乗って

祖型を寄し

薬傷を割いた

 

散る遺稿で

冤鬼に轉じて

連戦に聘し

標紙を律した

 

 

「ガーデン」

煮た比重で

宝治に残って

盗汗に労し

隆起で貼じた

 

勝る安化で

猿猴を命じて

精子を慶し

開栓で察した

 

干た二十で

農時に誇って

老漢に党し

注記で領じた

 

漁る瞞過で

面向を詠じて

刑屍を制し

再戦で渇した

 

 

「仰ぐ荒波」

漏る督視で

胆汁に負けて

発会を約し

洋館に惚れた

 

染む威信で

縁家を詮じて

連亘に決し

挟持を諒した

 

摂る黙示で

饅頭に闌けて

訳解を泊し

砲艦に縒れた

 

忌む至心で

泉下を演じて

兼行に列し

療治を狂した

 

 

「慣る因子」

鳴く愛玩で

押下を残して

捕縄で縒れ

耶舎を食んだ

 

斬る四清で

制教を験して

礫器で訂し

朝鮮を律した

 

明く内含で

濃化を興して

余剰で惚れ

覇者を病んだ

 

痴る奇声で

景況を選して

敵旗で例し

稜線を蟄した

 

 

ロバスト