ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


蒔く廃弛で

蜂巣を模して

騰貴を擁し

野犬を託した

 

占む胃腔で

英姿を摂して

霊泉を敬し

共起を理した

 

履く昧死で

毛瘡を補して

揚棄を党し

他券を訳した

 

忌む詩稿で

青史を閲して

経線を隷し

猟奇を規した

 

 

「アウェア」

徳の傭耕で

野史を託して

邁進を察し

笊器を模した

 

生く罷市で

並走を役して

掲記を例し

料金を狂した

 

欲の登降で

多士を扼して

砕心を抹し

盲亀を蘇した

 

引く遺矢で

営巣を僻して

励起を啓し

頬筋を猟した

 

 

「エラァル」

吐く野草で

羊脂を歩して

桜唇で剋し

感喜で荒れた

 

練る切歯で

指甲を睨んで

知己を猟し

霊菌に挺した

 

焼く破窓で

芳紙を寄して

行神で臆し

暗記で枯れた

 

競る熱死

尼港を白んで

理気を潮し

提琴に隷した

 

 

「メェシィ」

競る熱気で

乳酸を進じて

粒界を蟄し

逓送に列した

 

赤の発市で

包涵に応じて

虹彩を浴し

夜行を攪した

 

練る刹鬼で

衆参を任じて

厨芥を律し

礼装に徹した

 

墓の遏止で

往還に報じて

要塞を刻し

仮構を訳した

 

 

「ディィプ」