ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


痛哭の夢で

与信を督した

讃美の解は

口気を蘇して

 

不日の胸は

孟夏を干して

安康の乱で

聾児を臆した

 

夕刻の爪で

妬心を浴した

完尾の才は

想起を濾して

 

無実の舟は

放課を模して

蘭交の餡で

往時を録した

 

 

「背反の波」

坂の敗報は

試刷で秘する

獏の楽団で

元素を便じて

 

俗の動輪は

残基の代価だ

雨の緘口で

狎昵に応じて

 

墓の才鋒は

飛札で資する

学の爆弾で

弁疏を現じて

 

毒の造林は

断機の罪過だ

亀の安康で

往日に困じて

 

 

「朧気な兵」

空の褒賞で

拝跪を攫って

藍の冠辞は

降心に応じた

 

森の督視に

淡交で慢じて

薬箋までも

漏精を擁した

 

洞の相承で

再帰を祓って

解の暗示は

往信を高じた

 

鳥の杢糸に

満腔で嘆じて

落選までも

夭逝に聾した

 

 

「ピィティ」

酸素の旅で

頭記を染めて

仮想の槍は

余接に寇した

 

愛視の幕は

門戸を臆して

配位の仲で

能事を誇った

 

嘆訴の錆は

掻器を止めて

野葬の狩で

古説を擁した

 

昧死の悪で

恩顧を沐して

内意の墓は

鳳字に遺った

 

 

「篤き受難」

拝啓の皿で

掌上は光って

野趣の核で

功過を浴した

 

檻の妄覚は

盟誓を演じて 

蚤の祷祀で

短時は訛った

 

細径の肚で

表情は叱って

歌手の厄は

蛹化を剋した

 

森の凹角は

衛星を免じて

富の脳死

難字を堪った

 

 

「ピエロ」

夜装の神は

酷使を擁して

等積の檻で

安心に嘆じた

 

満天の苗は

能記に踠いて

報答の底で

最始を填めた

 

仮相の闇で

抑止に抗して

往昔の鳥は

短信を按じた

 

難点の前で

猛気を覗いて

想到の鉾は

敗死に醒めた

 

 

「沈む処置」

嘉尚の薪で

猛威を濾して

難点の網で

横恣を残した

 

欲の燈花で

他時は宿って

崩裂の空で

才智を量った

 

魔性の垣で

好意を模して

暗転の波で

脳死を起した

 

徳の養価で

野次を辿って

葬列の洞で

廃置は逆った

 

 

「粗悪な径」