ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


乳の未詳で

名器を点じて

例言を征し

昭示を律した

 

格の眼孔で

豪華を濾して

防戦を報じ

判旨を縛した

 

道の致傷で

帝畿を免じて

省減を隷し

療治を失した

 

学の菅公で

高価を後して

奉饌を忘じ

挽詩を泊した

 

 

「コォーズ」

祈む投下で

智行を任じて

廟祀を持し

造船を牧した

 

民の解禁で

経時を挺して

面牆を演じ

晏起を抹した

 

富む濃化で

二業を鎮じて

上梓を尾し

防戦を賊した

 

神の退勤で

逓次を刑して

縁生を免じ

満忌を圧した

 

 

「ベゴニア」

握る寵姫で

天漢を狙って

先制に列し

離郷を歯した

 

満開の核で

亢進を沐して

奉仕に縒れ

野僧を塡めた

 

契る尿器で

年鑑を衒って

錬成に接し

指教を利した

 

寛解の幕で

妄信を剋して

夭死に惚れ

破窓を辞めた

 

 

「ヴェイン」

櫃の未見で

昧死を掃いて

難航を攫い

新加を睨んだ

 

檻の糖化で

廷争を役して

堅紙を隷し

楼船を稿した

 

蜜の丕顕で

廃止を蒔いて

参候を倣い

認可を白んだ

 

鳥の押下で

営巣を敵して

恋矢を刑し

勾践を弄した

 

 

「タァィト」

膣の理想で

牢記に党して

凝る放心で

飛鼠を期した

 

膜の安康で

英姿を巡って

競る粘菌で

南下に咲いた

 

律の馳走で

投棄に老して

彫る交信で

機素を比した

 

悪の満稿で

名詞を抉って

練る千金で

酸化に泣いた

 

 

「キィンク」

毬の安化で

円周に命じて

練る片思で

拝顔を生した

 

律の振起で

躁狂を勒して

混む刀俎で

朝餐に吃した

 

蟻の瞞過で

免囚に映じて

減る念死で

内含を破した

 

質の悋気で

陋狭を則して

富む酵素

強酸に蟄した

 

 

「アンドゥ」

初む茂生で

綿球を詮じて

霊示に敬し

後件を弄した

 

秘む位階で

愛章を早めて

軟貨に垂れ

忠信を握った

 

揉む組成で

川芎を免じて

計時に隷し

陋見を貢した

 

忌む卑懐で

拝承を殺めて

丹霞に慣れ

入神を契った

 

 

「ヘェヴィ」