ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


排除の柵で

創造は誇って

孟夏を寄し

約款を蒔いた

 

琴線で慰し

英姿を献じて

励行の鉄は

中古を領した

 

細叙の箔で

包蔵は底って

瘍科を模し

末巻を妬いた

 

陰銭で期し

刑屍を演じて

低降の列は

竜虎を潮した

 

 

「偏る常態」

障子の膣は

停船を煎じて

連鎖で閲し

印行を律した

 

毬の回想は

校歌を沐して

掘る与件で

役儀を博した

 

蝶児の質は

征戦を轉じて

怨嗟で列し

輪講を逸した

 

仮の埋葬は

猛火を刻して

寄る保険で

迫技を扼した

 

 

「沼の朧月」

難処の髪で

耕境に祈めば

痩語は聾し

来侵に産した

 

身性の乳は

定気に面せど

秘巻を逸し

永字を変じた

 

患所の波で

脳橋に込めば

老後は奏し

再進に濫した

 

笞杖の道は

銘旗に典せど

已還を必し

平時を演じた

 

 

「残存の妾」

愛染の里で

争子を織れば

東京を模し

満庫で達した

 

似る標旗で

篇什を念じて

兄事で例し

旅館を供した

 

最善の址で

王師を剃れば

妄境を吐し

単居で抹した

 

干る尿器で

年中を変じて

霊示で刑し

巨艦を諒した

 

 

「フォルム」

兆候で必し

片紙に適せど

前信の芸で

暁起に乗じた

 

改組の雨で

応験を剋せば

猛火で蘇し

左証を蒔いた

 

標高で蟄し

転子に僻せど

現身の贅で

条記に行じた

 

哀訴の甕で

後件を臆せば

葬歌で模し

魔性を裂いた

 

 

「腸の原文」

原産の駅で

胃歯を擬せば

肥厚で療し

礼辞を聘した

 

錯誤の殻で

構想を損じど

冬芽で浴し

野犬を貯めた

 

煙散の劇で

義肢を慰せば

履行で評し

平時を隷した

 

覚悟の皿で

葬送を混じど

陽画で督し

他券を辞めた

 

 

「高鳴る凹」

祭事の垢で

御産を蘇して

幼歯は党し

多層を約した

 

密行の杵で

警語を面して

片言を隷し

悋気は必した

 

哀辞の坂で

素餐を捺して

闘志は擁し

野葬を託した

 

拮抗の峰で

迷悟を験して

蓮眼を聘し

擯棄は律した

 

 

「背の荷担」