ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


惚る猛虎で

綿亘を聘して

列の篆字で

逃竄を弄した

 

着た異常で

愛護を擤んで

生る再検で

四始を睨んだ

 

漏る宝庫で

変更を瞑して

鉄の連辞で

籠山を党した

 

射た気丈で

悔悟を編んで

去る内見で

二至を白んだ

 

 

「ホォゥプ」

祝く往還で

愛河を早めて

内向を足し

投下し乗った

 

苗字の尺で

清掃し銘して

経伺を列し

量産を狂した

 

措く包涵で

胚芽を殺めて

退行を成し

濃化し執った

 

正士の脈で

迷走し征して

霊祀を結し

胸算を領した

 

 

「サァーチ」

開業の汗で

遺矢を期して

眉間に比し

破水を摩した

 

残る爽浄で

先回を佞して

汀線を列し

牢記で督した

 

愛楽の枷で

起死を医して

秘鍵に魅し

魔酔を派した

 

底る濃情で

年戒を制して

礼銭を徹し

騰貴で録した

 

 

「チェイン」

泣く耐性で

天金を狙って

騙詐を得て

愛好を払った

 

扱ぐ妄想で

味解を期して

留心を釈し

蒼枯を聾した

 

綰く内生で

粘菌を衒って

怨嗟を経て

廃興を洗った

 

捥ぐ抗争で

規戒を魅して

就寝を略し

牢固を党した

 

 

「スケール」

初む濃厚で

内科を差して

薬箋で画し

予示を稿した

 

秘む異執で

堰止を僻して

霊験に挺し

注記を律した

 

祈む壮宏で

細瑕を成して

角栓で扼し

固辞を擁した

 

忌む悲愁

変死を役して

定限に隷し

隆起を蟄した

 

 

「メェルト」

乳の未詳で

名器を点じて

例言を征し

昭示を律した

 

格の眼孔で

豪華を濾して

防戦を報じ

判旨を縛した

 

道の致傷で

帝畿を免じて

省減を隷し

療治を失した

 

学の菅公で

高価を後して

奉饌を忘じ

挽詩を泊した

 

 

「コォーズ」

祈む投下で

智行を任じて

廟祀を持し

造船を牧した

 

民の解禁で

経時を挺して

面牆を演じ

晏起を抹した

 

富む濃化で

二業を鎮じて

上梓を尾し

防戦を賊した

 

神の退勤で

逓次を刑して

縁生を免じ

満忌を圧した

 

 

「ベゴニア」