ライトポエムの最深部。


或いは美型詩の実験場。


煙る熱汗で

難所を貸して

暗香を作し

精子を閲した

 

掘る猛襲で

巫女を秘して

林泉を蟄し

騰貴を録した

 

睡る血管で

甘薯を済して

三后を握し

英姿を摂した

 

漏る報讐で

小舌を魅して

賃銭を律し

牢記を督した

 

 

「フリーリ」

利く緯線で

哀訴を会して

内争を注し

修史を睨んだ

 

盟の併起で

丕顕を魅せて

朝家を諒し

励行を呈した

 

生く汽船で

改組を愛して

再葬を済し

入市を白んだ

 

弊の明記で

未見を秘せて

燎火を弔し

低降を隷した

 

 

「プラァプ」

底の陽貨で

野禽を作して

哀詩で佩し

逢遭を織った

 

教祖の肉で

佞臣を蹴って

礫器に呈し

中耕を略した

 

横の総嫁で

砂金を扼して

稗史で愛し

押送を彫った

 

尿素の菊で

傾心を練って

鉄軌に隷し

流行を着した

 

 

「ロォース」

格の役僧で

溶化を貢して

妄信を督し

丹祈を満じた

 

睨む就社で

仙禽を念じて

程子を隷し

流向を諜した

 

厄の角層で

降嫁を擁して

登進を沐し

慢気を嘆じた

 

白む入射で

粘菌を詮じて

麗姿を挺し

昼光を猟した

 

 

「シードゥ」